読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のみなさんこんにちは~ヽ(^o^)/

2016.11より世界放浪の旅に出ました~。どんな珍道中な旅になることやら。笑い転げて涙が出ちゃう旅になりますように。(切実)

バジャウ族に会った日

セブ島

一昨日、土曜日は授業がお休みだった訳ですが。

学校のお友達さんに誘ってもらってなんと!!!

バジャウ族に会いに行くツアー

に参加させてもらいましたー!

ワーイ(〃>▽︎<〃)/*お友達さんアリガトー‼︎

バジャウ族とは、昔からフィリピン界隈に海上で一生涯をくらしていた民族ですが、近年は都市開発と共にバジャウ族の生活も変化してしまっている様です。

海と共に生涯過ごす彼らはとにかく生き抜く力が凄い。

それはそうですよね!!

そして、バジャウ族ツアーのガイドをしている方がなんと!!

松田大夢さん

という21歳日本人のものすっっっごい方なのです。

ちょっとわたしが説明するのもアレなので、是非こちらをお読み頂きたい。

【驚愕】松田大夢がセブ島で一緒に生活してる『リアル半魚人バジャウ族』って何!? セブ島のバジャウ族のその実態とは - 🌏松田大夢のクソバカ地球滞在記🌏

バジャウ族についてと大夢さんについての大夢さんのブログ✨

わたしはバジャウ族に会いに行けるということだけで、わくわく!わくわく!しておりました。

…今考えると、た、単純ですが…

いえ、あの、ちょっとあまりバジャウ族について詳しく調べないまま、単純に会いたい!会いたい!と思って遠足気分で出かけちゃったので…。

すっっっごく楽しかったのですよ??

だがしかし。

今振り返ると、もうちょっと深く彼らのことを知ってから出かけていたら、理解も深かったのであろうに、只今反省の気持ちが湧いてきましたですハイ…。

まぁ、ちょっとその気持ちは脇に置きまして、(話が前に進みませんゆえ)続きいきま〜す(・'v`・)

まずっっ、朝4時半に学校出発ですっっ!!

photo by tacchan

眠〜いですけど興奮でお目々もぱっちり👀‼️✨

タクシーで30分ほどセブ市郊外へ行き、狭い路地裏を真っ直ぐ歩くとすぐにバジャウ族の集落に到着です。

村長さん

ちょうど到着したら朝ごはんの時間でした

海の上にお家、通路があります。 渡る時、かなりドキドキ!さすがっ、バジャウ族の皆さんはへっちゃらです!…当たり前と言えば当たり前ですね‼︎す、すごい。

風通しの良さそうなおうち

徐々に子どもたちが集まってきました!

photo by tacchan

子どもと遊びたい気持ちがムクムク…一緒に遊んでくれたー(・'v`・)

たかいたかーい!が大人気😆

しばらく子どもたちと遊ばせてもらいました。

みんか人懐っこくあたたかくわたしたちを迎えてくれて、とっても嬉しかったです。

タイの虹の学校の子どもたち、ガリアン民族の方々を思い出しました。 特定非営利活動法人虹の種

みんな元気かなー??また会いたいなー。

ふと思いました。

どうしてバジャウ族の方々もタイの虹の学校の子どもたちも、ぽっと来たわたしをあんな笑顔で受け入れてくれるんだろう。

もちろん大前提に、現地の日本人の方々の底知れない労力であったり、地元の民族の人々と築いてきた絆の表れであると思ってます‼︎

でもわたしなんて、パッと来てすぐ帰っちゃう人なのに、そういった、何ていうのでしょうか、、、

わたしがどんな人間であっても、『あなたに会えたことはわたしたちはとても嬉しいのですよー。』

というメッセージがビシビシ伝わり、わたしの心に沁みるのです。

逆の立場に立ったときに、たぶんわたしは誰も彼もをそんな心温かく迎え入れるなんてことはできないんじゃないかなぁーと思ったのでした。

はっ!わたしはまだ心が貧しいのか!?

そうなのか!?

コホンッ、、。

えー、この旅でひろーーーーーい心に成長すると思われるので、楽しみに温かく見守ってやくださいまし…(笑)

そうしてですね!この後、Verry Beautifullな場所に連れて行ってもらったのであります‼︎😆

ちょっ、わたし今日の復習しなきゃなので本日はこの辺にて。

続きはNext tommorrowということで、すんまへん!*1

今日も読んでくれてありがとうo(^▽︎^)o~♪︎

ここを押してね♡元気でます〜(・'v`・)👇👇👇👇👇👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ありがと〜〜m(o´・ω・`o)mペコリッ

*1: ༎ຶ‿༎ຶ